Home
会社概要
インドネシア地図
Hot News
お問い合わせ
   
コモドツアー
フローレス島
コモド島
リンチャ島
コモド日帰りツアー
コモド1泊2日ツアー
コモド2泊3日ツアー
   
バリ島観光ツアー
車チャーター
観光案内
   
弊社所有船案内
サザンスター
カイザー
コモドスター
   
リンク集
コモドダイビングツアー
コモド観光ツアー
コモドフィッシングツアー
   
ご質問はこちらからどうぞ!(オンライン時のみ)
My status
 
 
 
 
 
 
 
 
     
コモド諸島 最寄の港町
 
バリからコモド諸島を目指し最初に到着する街!
それがフローレス島の西端、ラブハンバジョー
 
バリからコモド諸島へのアクセスは先ず最寄のフローレス
島へ飛行機で飛ぶ事となる。 バリ発国内線(トランスヌ
サ・エア・サービス社)の航空機[写真01]で約70分フ
ローレス島のラブハンバジョー空港へ到着する。
 
[写真.01]通常使用機材はBAe146-200/約80席程の
双発ジェット機にて機内では簡単な軽食も用意されている。
尚、状況によってフォッカー50/約50席程のターボプ
ロップ双発機に変更される場合もある。
 
[写真.02]空港は小さな田舎のローカル空港と言った感
だが、管制塔も有りインドネシアではそれなりの空港と
言える。 但し到着ロビーのトイレが男女共に1つのみ
でローカル式、よって機内で済ませるのがベスト!
 
[写真.03]移動手段はミニバスかバイクタクシーとなる。
 
ラブハンバジョーは小さな港街(空港から港迄10分程の
距離である事からも分かる)、人口約2万人程、主な産業
は観光産業(コモド諸島への観光ツアーで潤っている)、
港町で有りながら西側が世界自然遺産エリアに指定されて
いる事より漁業は栄えず生活の為の漁のみとなる。
 
 
 
     
 
 
ラブハンバジョーの由来
 
素朴な人々が暮すラブハンバ
ジョー、その名前の由来は
「プラブハン バジャウ」
から来ていると言われ、その
意味はこの街の発祥に関係して
おり、基はバジャウ人の港で有
った事が伺える。
 
 
     
 
 
 
ラブハンバジョーの自然
[写真.04]バトゥチェルミン(鏡の石)
鍾乳岩窟
 
1958年Mr.Van.Hoven(オランダ人)によって発見されたというが、そのルーツは古く一説によると戦時中オランダ軍や日本軍 等の軍事機密が隠された場所でもあると言われる。
 
観光エリア約1,000u/鍾乳石エリア400u/洞窟の長さ±40mにて、岩窟内では石筍(せきじゅん)や古代魚や巻貝
(アンモナイト?)の化石、洞窟内では鍾乳石(フローストー
ン)は勿論サンゴ、カメ等の化石等、その他生物としてはコウ
モリ、蜘蛛の仲間、ヘビ、ヤモリ、トカゲ等を見る事ができる。
 
[写真.05]高原(青空)市場
 
ラブハンバジョーの住民の胃を潤す食材は全てこの高原市場か
ら調達される。
 
この高原市場では野菜から、魚類、肉類、香辛料、その他生活
雑貨や金、銀のアクセサリー迄何でも手に入る現地人に人気の
青空市場。 ここで噂の(コモド図柄入)フローレスコーヒー
も手に入る。
 
その他「古くからの漁村」と「サンセットカフェ」
 
漁が制限されているこの村にも漁村がある。スラウェシからの
移民(ブギス)でスラウェシ島固有の高床式の家々が並び、ま
た小さな漁船(アウトリガー式)の造船過程も見る事が出来る。
 
高台にはコモド諸島を望むサンセットカフェがあり素敵な夕景
と冷たいビール&食事にありつける。
 
PT.LUMBA-LUMBA
Jl. Tukad Balian 152A Renon BALI-INDONESIA
http://www.komodocruisetour.com E-mail: info@lumbatour.com